〈MH〉修理を終えたレンズが帰って来た! そのお値段は?

f:id:monotohito:20140206163141j:plain

約10日かかって、

ニコンの修理工場からレンズが帰って来ました。

 

(点検と修理に出した時の話はこちら↓

〈MH〉ニコン・新宿サービスセンターへ点検と清掃に出してみた - ものとひと

 

点検と修理に出して異常が認められ、修理工場に出すまで↓

〈MH〉ニコンサービスセンター、点検の結果は? - ものとひと

 

 

明日からの大阪出張に間に合うのでひとまず

ほっと胸を撫で下ろしました……。

 

が!

 

修理代金は、先日聞いた

ざっくりとした見積りの「高い方」でした。

 

¥31,626-なり。

 

覚悟はしていたとはいえ……そうきましたか(笑)。

 

納品書を見ていきます。

 

処置内容

ガタのため鏡筒(きょうとう)部の部品を交換いたしました。

 

AF(オートフォーカス)精度点検の結果、

後側にピントが合う傾向(いわゆる「後ピン」)が

確認されましたので、ピント位置の再調整をいたしました。

 

レンズマウント摩耗のため、マウント部を交換いたしました。

 

※文中のカッコは僕が補った言葉です。

 

要約すると、

「部品をたっぷり替えて、後ピンを直したよ」

ということでしょうか。

 

交換部品と金額

下の写真でご覧ください。

 

f:id:monotohito:20140209014939j:plain

 

難しい部品名称がいっぱいです。

なんか大手術だったっぽいな……。

 

トータルおいくら?

上の写真の右側にも載ってますが、

 

修理料金が¥11,500-

部品代が¥18,620-

消費税が¥1,506-

 

で、¥31,626- でした。

 

直した甲斐はあったのか?

それはもう効果テキメンでした。

 

僕はこの翌日から大阪出張に行き、

500枚ぐらい撮影したんですが、

 

修理前よりピントの当たり率が大幅に向上していました。

 

それがこのレンズの本来あるべき姿というか、

今思えばやっぱり、修理前はわかりやすく

異常をきたしていたんだなと言わざるを得ません。

 

例えば、光量が十分にある明るい室内で、

広角側で人物の記念写真(つまりほぼ動かない被写体)を

撮る時でさえ、

 

以前はピントが来ていない写真が散見されたのですが

(なので、保険でかなり多めに撮っていた)、

 

修理後は全くそういうことがなくなりました。

 

望遠側でもピントが来ている写真が増え、

全体的に解像感が上がった印象があります。

 

今回の教訓

いわゆる専業のプロカメラマンではないとは言え、

 

僕にとってカメラは仕事道具の一つですし、

多くの現場で写真がお金になっています。

 

ということは、

道具を常に最良の状態に保っておくことは

「義務」と言って良いでしょう。

 

やっぱり定期的なメンテナンスと点検、

それから修理は早め早めにやらないといけませんね。

 

今回、レンズとボディの修理で、

¥46,000-ほど払ったことになります。

 

確かに高いなぁとは思うんですが、

必要経費と考えることにしていますし、

 

きっちり点検と修理を終えたという安心感がありますので、

また仕事に集中して良い写真を撮れば良いかな、と。

 

このようにブログのネタにもなりましたしね。

 

(※ニコンの「Nikon Professional Services」に

入れば修理代金、安くなるよ! ということは

人に言われましたし、以前から知ってはいました。

 

ただ、「撮影を生業としていること」という

資格は満たしているかもしれませんし

〈それらしき必要書類などは用意できますが〉、

 

「現会員の1名の推薦者」も立てられますが、

 

「一眼レフ・ボディ3台以上」あるいは

「交換レンズ5本以上」という直截的な入会資格には

微妙に届いていないんです(笑))

 

あと、今回のもう一つの教訓は、

 

このレンズ、僕は大手カメラ屋の中古ショップで、

「店頭展示品」を買ったんですが、

 

そういう来歴の品だけに、

もしかすると買った時点ですでに

今回発覚したような異常があったのかもしれません。

 

その段階では、

まだ「不具合の兆候」ぐらいだったかもしれませんが。

 

今後も中古でレンズを買う時には

色々と気を付けた方が良さそうだなーというのも

学んだことです。