読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈MH〉カメラと写真の展示会『CP+』に、かるーく行ってきた

f:id:monotohito:20140216195703j:plain

 

大雪の後の見事な冬晴れでしたね。

 

横浜みなとみらいで開催されていた

毎年恒例のカメラと写真の展示会

『CP+』に行ってきました。

 

僕は2年ぶり2回目の観覧です。

 

会場は『パシフィコ横浜』。

 

ネットで事前登録しておけば無料で観られます

(登録なしで行くと1500円)。

 

今年は2月13日(木)から16日(日)の

4日間開催だったんですが、

 

大雪のため昨日(15日〈土〉)は中止。

 

そのせいか、

最終日の今日(16日〈日〉)はかなり混んでました。

 

実は僕は友人の付き添いで行ったという感じです。

 

じゃなければ、行かなかったかも^^;

 

こう言ってしまっては身も蓋もないのですが、

 

カメラメイニア(ヲタク)の祭典な感じアリアリなので

(僕も周囲から見たらその一人だろうけど)、

 

会場は、95%男性の、一眼レフ首から下げて歩く集団の

人いきれでむせ返っていまして、

その熱気にあてられちゃうんです。

 

前回来た時がまさにそのパターンで。

僕も首から一眼レフ下げて行ったクチですが^^;

 

お目当ての製品、ブース、講演、

キャンギャルのおねいさん(!?)などもなく、

ただ場内を漂流しているだけだと、

間違いなくすぐ疲れます。

 

単純に人出もかなり多いですし、真っ直ぐ歩けません。

 

(※展示会なんで、商品は販売していません。

ショッピングモードになれないのは意外とツライものです)

 

それが展示会というものだよ。

メーカー各社はまずコアな人にPRして売りたいんだ、

と言われたらそれまでですが、

 

こんなブログ書いててアレですけど、たぶん僕は、

新商品や目玉製品を眺めてドキドキワクワクするというより、

 

買ったものをどう使いこなすのかという方に

興味があるのでしょう。

 

あと単純に、

気になる商品を見るなら落ち着いて見たいですしね

(↑80%ぐらいこっちかな(^^))。

 

……ということで今回は、

 

●カメラは持って行かない。

※撮りたいものはスマートフォンで撮る。

←会場に行ったら、

案の定そんなヤツはほぼ僕だけでした(笑)。

 

●場内を巡るのは2週まで。

 

●好きなプロカメラマンの講演を見るのは2つまで。

 

●トータル滞在時間はマックス4時間ぐらい。

 

……と決めてから出掛けました。

 

ええ、ひじょーに緩いですよね(笑)。

 

つまり、この先を読んでいただいても、

お役立ち情報も、商品の解説も、

濃密なイベントレポートもありませんm(__)m

 

でも、こう決めてから出掛けてほんと良かったです。

 

一昨年に比べたら疲れが半分ぐらいでしたもの

(それでも帰りの電車で即寝するぐらいは疲れてたけど)。

 

…………

 

以下、スマートフォンで撮った写真を何点か。

 

f:id:monotohito:20140216205222j:plain

 

僕はNikon派なのでNikonブースはやっぱりチェック。

でも、ブースの内側にいた時間はわずかでした。

 

f:id:monotohito:20140216205436j:plain

 

次に、Nikonステージで、好きなプロカメラマンである

「ゆる鉄」中井精也さんの講演を聞く(約50分)。

 

大人気ですぐ人だかりになってました。

 

テーマは、今とても人気のフルサイズ

デジタル一眼レフカメラ、『Df』について。

 

中井さんが、実際にDfを使って撮ってきた

日本やスイスの鉄道写真や、

Dfの使いこなし術について語っていました。

 

聞いてるとDfが欲しくなりますね、やっぱり(^^)

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL

Nikon デジタル一眼レフカメラ Df シルバーDFSL

 

 

中井さんの旅情あふれる鉄道写真は以前から好きで、

写真雑誌やブログは普段から見ています。

 

そして、生で講演を聞くのはこれが3度目でした。

 

自称「甘党・隠れメタボ」という

コミカルなキャラクター性や

トークの巧さもあって、

さすがの安定感ある楽しい講演でした。

 

下の本は、デジタル一眼レフカメラ

イチから学びたい人にとって、ホント名著ですよ。

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

 

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編

 

 

このNikonステージの直後に、

SONYステージでも中井さんの講演があったのでハシゴ。

こちらも約50分ほど。

 

そう。カメラの世界だと、

中井さんのように売れっ子の方ですと、

メーカーの掛け持ちがあるんです。

 

f:id:monotohito:20140216210910j:plain

 

中井さん、Sonyステージでは、

上着をSonyのαカラーに着替えて登場しました。

さすがです(笑)。

 

こちらでのテーマは、

 

現時点での世界最小最軽量のフルサイズデジタル

一眼カメラ『α7R』。

 

中井さんがα7Rを使って撮った北海道の写真が

作例としてふんだんに登場していました。

 

全体的な構成や、トークの安定感は

Nikonステージの時と似てたのですが、

 

こちらの方が、ジョーク(ネタ写真やボケ写真)も多くて、

聴衆からも笑いが起こっていました。

 

僕自身は全然Sonyのカメラに詳しくないので

α7Rについては何も言うことがないんですが^^;

 

このサイズと重量で、3640万画素フルサイズ機

というのはちょっと信じられないです。

 

「公共交通機関での出張や移動が多い。

でも、高画質機を持つ必要がある」

というような人(僕もそうかも)にはとても魅力的ですね。

 

あとは女性など、小柄な人でも持ちやすいはずです。

 

 

講演の後は、自分に課したルール通り、

場内をコンパクトに巡って、3時間ほどで上がりました。

 

巡回している時に「おっ!」と思った

2つのアイテムについては次のエントリで

(それは普通のカメラやレンズじゃありません)。

 

f:id:monotohito:20140216213016j:plain

 

それにしても、

場内のあちこちでこんな光景があって、

That's 展示会! という感じでした。

 

可愛いキャンギャルがポースを取ろうものなら、

男どもが群がって来てすぐこうなるのです。

 

そりゃ真っ直ぐ歩けない訳です(笑)。

 

f:id:monotohito:20140216213333j:plain

 

だからか、会場の隅っこの方にあった、

「カメラの歴史博物展示」スペースには癒やされました(笑)。