〈MH〉TOTOライブBD2枚。星4つ。

 

《Blu-rayスーパー・プライス2500》(期間生産限定)ライヴ・イン・アムステルダム25th

《Blu-rayスーパー・プライス2500》(期間生産限定)ライヴ・イン・アムステルダム25th

 

 

Falling in Between Live [Blu-ray] [Import]

Falling in Between Live [Blu-ray] [Import]

 

 

まだ確定申告の作業に入れず

手前で足踏みしている日々です。

 

焦り焦り焦り……。

 

こんな時は現実逃避に限る! 

ということで(おいっ)、

 

ライブ映像を2つも購入してしまいました。

安かったから、ということにしておきましょう。

 

初めてブルーレイディスクのライブ映像作品を

買ったんですが、

こんなにくっきり見えちゃって良いの!?状態。

 

映像が綺麗すぎて驚きました。

 

音(音響)も良いらしいのですが、

「HDオーディオ機器」とやらがないのでわかりません

(普通にテレビで聴くだけでも十分に良い音ですが)。

 

もちろん、特別な機器がなくても、

TOTOメンバー達の卓越した演奏技術や

バンドアンサンブルはばっちり楽しめました。

 

彼らのライブは生で過去2度ほど観ています。

今年の4月も来日するんですよねー。

ちょっと迷うなぁ。

 

とりあえず、ライブブルーレイは2つとも、

★★★★☆

 

…………

 

TOTOは結成37年か38年のベテランバンド。

 

音楽性はアメリカンハードロックとも

AOR(アダルトオリエンティドロック)とも。

 

街のCDショップやレンタル屋さんだと、

「ハードロック・メタル」には置かれずに、

「ポップ・ロック」にあるかなーという感じ。

 

こんなバンド名ですが、

日本のトイレメーカーとは何の関係もありません(笑)。

↑本人たちもジョークにしているけど。

 

「Africa」「Rosanna」「Hold the Line」「99」

「Georgy Porgy」「Stop Loving You」

などなどの名曲の数々は、

 

オリジナルのまま聴き継がれているだけでなく、

 

他のアーティストがカバーしたり、

違うアレンジでCMソングとして使われたりと、

日本でも世界でも色々な形で流れているので、

 

たぶん聴けば

「あ、これって……!?」となること請け合いです。

 

今回僕がライブブルーレイを2枚買ったのは、

名曲が多すぎて、1枚では全く網羅できないから。

 

2枚買ってもなお、

「あれがない」「これがない」状態です^^;

わかってはいたことだけれども(笑)。

 

TOTO未体験の方には、僕は持ってないですが、

安価で名曲のほとんどを網羅している

こんな輸入盤ベストアルバムがあったので

オススメしておきます。

Africa: the Best of Toto

Africa: the Best of Toto

 

 

僕は下のベスト盤を日本盤で持ってます。

こちらも良いですよ。

オールタイム・ベスト 1977-2011~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ~

オールタイム・ベスト 1977-2011~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ~

 

 

いやー、

音楽ブルーレイ鑑賞って楽しいものですね。

 

たっぷり現実逃避が出来て、

今、青くなってます…………(^_^;)

 

…………

 

あ、ついでに。

 

別のバンドですが……。

 

Precious Metal

Precious Metal

 

 

House of Lordsの新作。

 

日本盤ではまだ出てませんが(3月後半らしい)、

Amazon MP3ではもうゲットできました。

 

早速ヘビロテ中…………これはイイ!

メロディセンスはそのままで、

ハードロック成分が増した(戻った?)かな。

 

これを聴いて勢いを付けて

確定申告の作業をやることにします。

 

★★★★☆