〈MH〉夏の単独・金時山登り。クツも買っちゃた。

f:id:monotohito:20140812220450j:plain

f:id:monotohito:20140812220510j:plain

 

 

山用のクツ、新しいのを買ってみました。

 

これはライトハイクタイプと言うみたいです。

 

軽くてソールがあまり厚くないのを探したらこれに出会いました。

 

デザイン&カラーもいい感じ。

タウンシューズにする人もいるんでしょうね。

 

後述する4hほどの低山登山に使ってみましたが、

かなり良かったです。

 

足が痛くならなかったし、足の運びが軽い感じ。

そして程よく柔軟です。

 

未知数なのはガレ場・ザレ場でどうなるか、ですかね。

甲に石が転がってきたら痛いかもしれないな。

 

それと、

この薄めのソールがどれだけ持つかってところも心配。

 

…………

 

さて、こっからが本番ですが……。

 

このクツを履いて行ってきました、箱根・金時山。単独行です。

神奈川県と静岡県の県境にある人気の山です。

 

たぶんここ、10歳ぐらいの頃に父親に連れて来られたことが

あったんじゃないかと思います。

 

 

f:id:monotohito:20140812222043j:plain

 

登山口までは都心からバスを選択。

 

新宿(&池尻大橋)から箱根(桃源台)行きの

小田急箱根高速バスというものがあり、

 

ちょうど登山口(乙女峠)を経由してくれるので、

「行きやすいじゃん!」と即決。

 

前もって座席予約をして

(※予約しなくても席が空いていたら座れるシステム。

さすがに今回はギャンブルはできなかったので事前購入)、

 

池尻大橋近くの友人宅に前泊して当日朝にバス停に行き、

 

朝イチのバス(6:45池尻大橋発←新宿は6:30に出てます)に乗りました。

料金は片道1840円。

 

これ、1時間に2本ぐらい出てるし、乗り換えいらずなので、

登山関係なく、箱根方面の観光に最適な交通手段かも。

 

途中、結構人が乗ってきましたね。

乗車率は最大6割ぐらいになっていたかな。

 

で、途中のJR御殿場駅で結構降りる。

 

確かに、都心から御殿場に行くならこのバスが一番便利でしょうね。

 

f:id:monotohito:20140812222848j:plain

 

で、バスに揺られること約2hで乙女峠に着きました。

 

登山口からは約1.5hの登りです。

 

やっぱり自分、山の体力が全然なくて結構しんどかった……。

(いくらランニングしてようが、

山の体力は山に登ることでしか得られないのでしょう)。

 

以前ブログで書いた「プラティパス」の

ハイドレーションシステムも初めて山で使いました。

 

Platypus(プラティパス) ビッグジップSL 2L  25021

Platypus(プラティパス) ビッグジップSL 2L 25021

 

 

知り合いに教わって、コンビニのロックアイス(1.1kg)を

全部ぶち込んでから水を注いだら、

余裕で最後まで冷たい水が飲めました。

 

あと、マムートの長袖シャツも買っちゃった。

マンモスマークが可愛いぜ。

 

f:id:monotohito:20140812222819j:plain

 

登りはずっと霧の中。

まあ、夏の金時山はそういうものなんでしょう。

 

特に落胆したりはしてません。

むしろ涼しくて良かったです。

 

f:id:monotohito:20140812223353j:plain

 

秋も近付いて来てるんでしょうか。

 

f:id:monotohito:20140812223510j:plain

 

1,212mの山頂もこの通り霧(雲?)の中。

ここで30分ほど休憩しておにぎりを食べました。

 

トレランの人、家族連れの人、中年のご夫婦、

30人ぐらいの遠足っぽい学生さん達……などなどで

そこそこ賑わっていました。

 

誰かの「あ、霧が……!!」の声に振り返ると、

 

f:id:monotohito:20140812223738j:plain

 

一瞬、雲が動き、

麓の町とゴルフ場が見えました。箱根仙石方面です。

 

またすぐ霧の中になっちゃいましたけどね。

 

この後、割とすぐに下山開始。

 

f:id:monotohito:20140812223825j:plain

 

時間にして10分ほど下ったら一気に視界がクリアに。

 

どうでしょう、このなかなかに夏山感ある写真は。

 

この時点で11:30ぐらいだったでしょうか。

 

気温も上昇している感じでしたが、

僕は下りでしたし、風が爽やかだったので

快適に歩くことができました

(登ってる人は暑そうでしたが……)。

 

左奥の高い山は明神ヶ岳ですね。

 

この後1時間ぐらいで麓に着きました。

 

歩きやすい道が多く、全くトラブルもなく、

クツを始め、色々なアイテムを試せて良かったです。

 

実はこの2週間後、

ちょっと大きめな登山に行く予定ができたので、

片っ端から山に持って行った感じだったのです。

 

f:id:monotohito:20140812224219j:plain

 

下山してからは、前もって目星を付けていた

「マウントビュー箱根」という観光ホテルで立ち寄り湯。

 

建物も風呂も清潔で、風呂の内部はそこそこ広くて、

にごり湯で露天があって、と、

まあまあ良かったんじゃないでしょうか。1100円です。

 

↑この写真は、風呂に誰もいなかったので撮ってしまいました

(ホントはダメですね、すみません)。

 

f:id:monotohito:20140812225350j:plain

 

小田急箱根高速バスの快適さが忘れがたく、帰りも乗車。

 

仙石原に有人のバス案内所があって、

そこで一番早いバスの座席を予約してから乗りました。

 

帰りは乗車率8割ぐらい行ったんじゃないかな。

 

しかも、予約なしで乗ってくる人がほとんどで、

 

運転手さんが「8Aに座ってくれますかー」とか、

「6列目のDは予約が入ってるからそれ以外ですねー」とか、

 

毎回その場で空席をさばいてから、

本部にその旨報告してるんだけど、

 

結構これは大変なお仕事だなーって感じでした。

隣の席に荷物置いちゃう人も多いしね。

 

それはそれとして、

僕は缶チューハイを買って一人お疲れさん会。

はい、最高にうまかったです!

 

バスにはトイレも常備されているので

とっても気がラクです

(もちろんいい大人なので飲み過ぎません)。

 

帰りは東名高速で事故渋滞があって、

15分ぐらいは余計に乗っていたけど、

なんてことはなかったです。

 

しかし、これはいい移動手段を見付けたなぁ。

 

一人でトレーニングを兼ねて登るなら、

今後も金時山付近が良いなぁとしみじみ思いました。