〈MH〉大菩薩嶺と大菩薩峠へ

f:id:monotohito:20150709021256j:plain

 

都心からクルマで2時間ぐらいで登山口まで行けて、

そこまで長時間登らないので、

「行きやすい百名山」として人気の山。

 

山梨県の「大菩薩嶺」(だいぼさつれい)。

 

もっとも、大菩薩嶺の頂上はなーんも眺望がないのですが、

 

そこから「大菩薩峠」までの1hほどの

開けた稜線(りょうせん)ハイキングがつとに有名で、

よくガイドブックやハイカーのブログなどにも写真が載っています。

 

梅雨の長雨が続くある日、僕は雨天覚悟で「パタゴニ男」と2人、

山歩きをしてくることにしました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709022453j:plain

 

カーシェアのクルマで、パタゴニ男を途中で拾って、都心から約2h強。

 

メジャーな登山口の「上日川峠」に到着。「ロッヂ長兵衛」が目印です。

 

この時点で朝7時前。駐車場には数台しか停まってなかったです。

まー、1時間前まで雨だったしね。今日登ろうって人は少ないでしょうね。

 

ちなみに、ここまでのクルマのルートの大半は、

先日登った「乾徳山」とかぶってます。↓

 

monotohito.hateblo.jp

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709023607j:plain

 

山行開始。しっとりモイスチャーなハイキング。

幸いなことに、下山するまで雨は降らなかったです。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709023743j:plain

 

登り始めが1580mだったこともあってか、

割とあっさり、90分ほどで大菩薩嶺の頂上へ。

標高2057m。湿度高いけど涼しい。

 

ここは晴れてようが曇ってようが眺望ゼロの百名山なので、

道標にタッチしてそそくさと踵を返す。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709023919j:plain

 

「雷岩」というところまで引き返してきて……本番はここからだぜ。

 

稜線歩きの始まりー。曇ってるけど気持ちのいい道やー。

 

たまに雲の切れ目から南に塩山市街地、北に雲取山(東京都最高峰)が見えました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150704091344j:plain

 

大菩薩峠までのんびり歩いて、峠の茶屋(写真中央)で一休み。

 

ここで右に折れて下山して、駐車場に戻るルートが一般的ですが、

 

ちょっと足を伸ばしてみる。

 

この山の先に好きな場所があって、そこをパタゴニ男に見せたいから。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709024851j:plain

 

それが、この斜面を下った所の「石丸峠」の分岐。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709024942j:plain

 

石丸峠まで下りきって、来た道を振り返る。

 

この熊笹の中のトレイル(山道)の感じがたまらなく良いんです。

 

右側の刈り込まれたコース状の部分はナゾ。

 

この石丸峠で西に下山すれば駐車場に戻るコース。

 

でも、時間の余裕もあるし、ちょっと先まで歩いてみよう、ということに。

 

実は石丸峠から先(南へ続く稜線)は、昨秋に一人で来た道なんです。

 

monotohito.hateblo.jp

 

↓ 昨秋撮った石丸峠の写真。

 

f:id:monotohito:20141114095136j:plain

 

なーんか良いんだよなー、ここ。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709025301j:plain

 

15分ぐらいだけ昨秋と同じ道で南進し、

 

「天狗棚山」で、大菩薩湖を眺めながら30分ぐらいまったり休憩。

 

小金沢山までは行かなくていいだろう。今日はここで引き返そう。

そう、パタゴニ男と決定。

 

ずっと曇ってたけど、良い山旅でした。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709025727j:plain

 

あとは、来た道を石丸峠まで戻り、駐車場のある上日川峠方面へ下る。

 

おっ、昨秋はここから富士山、見えてたんだ。↓

 

f:id:monotohito:20141114094928j:plain

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709025815j:plain

 

途中、林道の路肩崩落現場に驚きつつも、ぐいぐい下山。

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709025905j:plain

 

下山してからは、近くの「大菩薩の湯」で汗を流して……

 

…………

 

f:id:monotohito:20150709025950j:plain

 

帰り道で目についた普通の食事処で、

山梨名物の「ほうとう」を食して帰りました。

 

パタゴニ男にとっては生涯初のほうとう

 

都内に戻ってもまだ16時。その後、昼寝してから仕事もできたし、

一日が有意義に使えた気分。

 

大菩薩嶺〜大菩薩峠〜石丸峠は、さくっと周回するには最高のコースでした。

歩行時間は5時間、距離は10km弱です。

 

始めの大菩薩嶺までの登りをちょっと頑張れば、

(晴れた日なら)富士山や南アルプスなど素晴らしい眺望があるし、

稜線歩きの楽しさがよく実感できるコースなので、

ハイキング(登山)初心者にもうってつけですね。

 

僕らも晴れた日にもう一回挑戦したいと思っています。