読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈MH〉檜洞丸でプチ雪山体験(神奈川・丹沢)

f:id:monotohito:20160206223855j:plain

 

仲間の「パタゴニ男」と

神奈川・丹沢の「檜洞丸」(ひのきぼらまる)へ。標高1601m。

 

僕は3度目で、パタゴニ男は初めて。

 

西丹沢自然教室からツツジ新道経由で登り、

犬越路を通って下山する周回ルートでした。

 

登山道に雪が残ってるということは知っていましたが、

(少なくとも関東平野では)晴天続きだった2月初旬、

「まあ、なんとかなるでしょう」と

最低限の雪対策はして登ったのですが……。

 

…………

 

f:id:monotohito:20160206224956j:plain

ツツジ新道に入って1h。本格的な登りに備えて荷を改めるパタゴニ男。

 

 

f:id:monotohito:20160206224939j:plain

パタゴニ男は6本爪のアイゼン。

 

 

f:id:monotohito:20160206225117j:plain

僕はチェーンスパイク。

 

結論を言えば、これでなんとか歩けたけれど、

下山してから西丹沢自然教室のスタッフさんににこやかに

「6本爪アイゼンにチェーンスパイクですか。

それじゃあのルートは大変だったでしょう。

10本爪以上をおすすめしてるんですよ」と言われ、ちょっとバツが悪かった。

 

たしかに10本爪や12本爪アイゼンならラクなんだろうなと

思える箇所がありました(持ってないけど)。

 

「でも、楽しいコースだったでしょう?」「はい!」

 

 

f:id:monotohito:20160206225336j:plain

下界は晴れてたけど、山の上はガスったり陽が射したりでめまぐるしい。

太陽を抱えて木が踊る。

 

 

f:id:monotohito:20160206230146j:plain

馬鹿でかい幹の内側を覗いてはみたものの何もいなかった。

でも、この日はシカ3頭と遭遇。

 

 

f:id:monotohito:20160206225515j:plain

一瞬の隙を狙ってフジのヤツが顔を出すからカメラがしまえない。

 

 

f:id:monotohito:20160206225600j:plain

下山は熊笹ノ峰と犬越路経由。

檜洞丸の頂上からほんの少し外れるとこのルートの全容が見えるんだけど、

何度来ても丹沢屈指の絶景だと思う。

 

ただでさえ登ってきた道(ツツジ新道)より高度感があって気が抜けないのに、

雪の量がツツジ新道より段違いに多くてだいぶ怖い。

 

 

f:id:monotohito:20160206225750j:plain

まあ、ワインでも飲んで落ち着きましょうか。

 

 

f:id:monotohito:20160206225853j:plain

丹沢ルネッサーンス! とか始めちゃって結局落ち着かない。

 

 

f:id:monotohito:20160206225939j:plain

雪で思うように足がさばけず、全身緊張・疲労困憊。

ほうほうの体で下山しました。

コースタイムの1.5倍ぐらい時間かかった。

 

この日僕らは9時間山にいて、出会った登山者はわずか4名。

かなり静かな山歩きでした。

 

 

f:id:monotohito:20160206230507j:plain

西丹沢自然教室でスタッフさんに「暖炉で温まって」と言われ感激。

ありがとうございました。

 

……そんな冬の檜洞丸。

トータルでは「やり遂げた感」や「勉強になりました感」の強い一日。

 

ホント雪をなめちゃいけないというのを肝に銘じつつ……

良いルートなんで、また来ます!