読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈MH〉RX100はやっぱりよく写る→壊した→直した。の顛末

f:id:monotohito:20161112155119j:plain

 

SONYデジタルカメラ、『RX100』の第五世代となる

「RX100 M5」が出ましたね。

 

それに触発されて、久しぶりにRX100(初代)を引っ張り出して、

都内の公園を散歩しながらスナップしてみました。

 

はっきり言えば、ポケモンGOをやりに行ったついでですが^^;

 

↓ こちらは新型(M5)

 

↓ 初代も未だ「名機」として根強い人気を誇ります。

※今回の投稿の写真は全てこれで撮ってます。

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 

…………

 

散歩スナップと言っても、

ポケモンGOの時間が97%ぐらいで、

カバンからRX100を取り出した頻度はわずかでしたが、

撮ってみたらやっぱりよく写る。

 

ここのところNikon J5を持ち出すことが多く、

そちらの画に慣れてました。

 

しかし、やっぱりこれがセンサーサイズの違いでしょうか

(RX100シリーズの方が大きい)、

RX100の方がよく写りますね。

 

解像感、色調、立体感。ほんと優秀だと思います。

 

まあ、新型のRX100 M5ともなるとJ5の倍ぐらい値が張るので、

当たり前に写りが違ってて欲しいですけれども。

 

RX100シリーズはレンズ交換のできない、

いわゆるコンパクトデジカメですが、

クラス的には上級の部類になり、

"プレミアムコンパクトカメラ"なんて言われます。

 

前にも書きましたが、

最強の"個人ブロガー向けカメラ"じゃないでしょうか。

 

どんなシチュエーションでも9割方「プレミアムおまかせオート」一択で、

プロっぽい画が得られます。

 

↑ Top画像は祝田橋(皇居のお堀)で、適当に水面を撮り、

天地をひっくり返したもの。はい、よく使われる手です。

 

…………

 

f:id:monotohito:20161112151537j:plain

 

日比谷公園内の日比谷公会堂。もうすぐ大規模改修に入るらしい。

 

…………

 

f:id:monotohito:20161112150234j:plain

 

小春日和の日比谷公園の噴水を順光で。

 

…………

 

f:id:monotohito:20161112150159j:plain

 

同じ噴水を逆光で。

すごい。ディテールが潰れてない。

 

…………

 

f:id:monotohito:20161112150500j:plain

 

日比谷公園に隣接する中日新聞東京本社前にて。

 

なにこの偶然!

 

インド大統領が来日していた時期だったので、

日比谷にはインド国旗が掲揚されていました。

 

このトラックは、インドとは無縁のはずの造園業者のものですが、

運転手は面白がってここに停めたのかもしれないですね。

 

…………

 

f:id:monotohito:20161114171259j:plain

 

別の日に隅田公園にて。これ、手持ち撮影です。

 

ここまでの写真、全てワンカットしか撮ってません。

ホントにスナップシュートでした。

 

ファイル形式はJPEGで、加工・色補正はしていません。

 

いやー、よく写る。

 

…………

 

このスカイツリーの夜景を撮った30分後、悲劇がRX100を襲います。

 

単に自分が悪いのですが、

 

地下鉄の駅構内を歩いていた時に、

ショルダーバッグの口が空いていたようで、

RX100がバッグからカツーンと落下。

 

私はiPodで音楽を聴きながらポケモンGOをやっていて、

あろうことか落としたことに気付かず、

通りすがりの女性が拾って渡してくれました

(ありがとうございました)。

ダサすぎるほどダサい落下事故。

 

腰ぐらいの高さからの落下ならまあ大丈夫だろうと思って

電源ボタンを押してみたら、電源は入るものの、

レンズ繰り出し機構がいかれたようで、

電源を切ってもレンズは戻らず、

ディスプレイには砂嵐が写り、

いくつかのボタンは効かず……と、明らかに故障の症状。

 

これは、歩きスマホをやっていたことと、

愛情を持ってカメラを使わなかった罰でしょう。

 

素直に反省し、帰宅してからすぐにネットで修理手続きを済ませました。

 

www.sony.jp

 

幸いにもこのサイト(↑)がわかりやすく、

事前に「主な修理の目安料金」が確認でき、

ネットだけで申し込み手続きが簡単にできました。

 

で、自宅まで宅配業者が引き取りに来てくれるので楽です。

 

結果、私の症状は「レンズ不良」で、修理費用は15,000円。

これに送料と消費税が入って、トータル17,496円でした。

 

修理日数はかなり短く、3、4日ぐらいで戻って来たと思います。

「思います」というのは、私が出張で留守にしており、

パートナーが受け取っておいてくれたから。

 

帰宅した私はまず、パーフェクトな梱包に驚きました。

 

精密機器用のダンボールを開けて、内容物を取り出したのがこの写真です。↓

 

f:id:monotohito:20161124210158j:plain

 

カメラが真空パックになってるよ! サービスで清掃もしてくれたようです。

 

そして、「交換済部品」と書かれた袋を開けてみると……!!!!

 

f:id:monotohito:20161124211503j:plain

 

どうやら私は、デジカメの心臓部、イメージセンサー(撮像素子)を

ぶっ壊してしまったようです……。

 

修理費用17,000円は高いような気がしていたけれど、

センサーの交換ならしょうがないですね。

 

今までAppleMac)とかNikon(カメラ)とか、

一般家電などを修理に出したことがありましたが、

 

今回のSONY修理センターの対応・仕事・梱包はピカイチでした。

 

この修理体制があるなら、SONYのデジカメを

仕事用にも買っても安心して使えるな……と考えたぐらい。

 

……ということで、皆様もポケモンGOのやりすぎとカメラの落下には

くれぐれもご注意ください。

 

この記事が役立つような事態にならないことが一番です^^;