〈MH〉2017夏、始めました。八ヶ岳の権現岳へ

 

f:id:monotohito:20170527212954j:plain

権現岳山頂と雲海に浮かぶ富士山

 

 

2017年5月27日の日の出時刻「4:30」。

マジですか。つい最近(3月)まで6時台だったよね!?

 

……ということで、

僕と「パタゴニ男」は勝手に夏山モードに入ることにしました。

 

夏と言えば、やっぱ八ヶ岳は外せなくない? ということで、

急に盛り上がったおっさんが2人、

八ヶ岳南部の権現岳(2715m)へ登りに出かけました。

 

先に書いておきますと、尋常じゃなく僕だけバテました。

夏本番が怖いです。

 

それはそれとして、僕らは初めて権現岳に行きましたが、

天気と素晴らしい眺望に恵まれ、ほうほうの体だった僕ですら、

総毛立つような瞬間がありました。

 

写真でざざざっと振り返ります。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527214441j:plain

 

神奈川午前2時発。中央道〜小淵沢インター経由、観音平着4:30。

 

ジャストオン日の出時刻。着いたら明るい。もう夏ですね。

 

そして、もうこれだけクルマがいるもんなんですね。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527214517j:plain

 

今回はピストン(往復ルート)ではなく、

「三ツ頭」経由ルートの周回ルートにしました。

 

ピストンコースの方が人気でしょうし、早朝スタートだったこともあり、

権現岳まで3人ぐらいにしか会いませんでした。

 

朝もやの八ヶ岳山麓はモイスチャーたっぷり。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527215347j:plain

 

朝日の射し込む八ヶ岳山麓。尾根道が広くて美しかったです。

コメツガだったかシラビソだったかの森。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527215710j:plain

f:id:monotohito:20170527215500j:plain

 

スタートして2hほどで稜線上の開けた場所へ。

 

知らない間に雲の上に来てたみたい。標高2,000mぐらいかな。

 

遠くに見えるは南アルプスオールスター御一行様です。

 

ここまでは僕も調子よく登れていたんですが、

2時間でタイマーが切れたみたいで、こっからはポンコツに。

 

そして、稜線は風も吹いていて、夏山気分を吹き飛ばすほど寒かったです。

上着を着て手袋もして歩いてました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527215844j:plain

f:id:monotohito:20170527215942j:plain

 

権現岳、見えてきました(中央やや左の尖っているところ)。

うーん、遠いし、ギザギザしてるな……(汗)。

 

下のまあるい山容の画像は編笠山。よく権現岳とセットで登られている山です。

僕らはスルーしましたが…………。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527220158j:plain

 

道中、ところどころ残雪もありました。

 

軽アイゼン・チェーンスパイクなどは要らないレベル。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527220302j:plain

 

ヘトヘトになりながら標高を上げて行きます。

 

編笠山より高い所まで来ました。

 

…………

 

 f:id:monotohito:20170527220609j:plain

 

遠くを見やれば北アルプスも。槍ヶ岳穂高連峰も見えます。

 

槍ヶ岳はピコンと尖ってるからわかりやすい。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527220724j:plain

 

反対側を見ると、雲の中から頭を出している山があり……、

たぶんこれは金峰山かな?!?!

 

ピコンとしている部分は山頂にある五丈岩でしょう。

monotohito.hateblo.jp

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527221145j:plain

 

観音平駐車場から3時間45分。

かろうじてコースタイム通りに「三ツ頭」という山に着いた時、

僕らが目にした光景は…………

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527222226j:plain

 

どーん。八ヶ岳南部のオールスター。

 

左側の尖ってる所がこれから登る権現岳

 

中央やや右側のおむすび型は阿弥陀岳

 

右側の荒々しく力強い山容が赤岳。

 

f:id:monotohito:20170527221939j:plain

 

八ヶ岳」というのは、

この地域のたくさんの山々(八つ以上あります)の総称なんですが、

赤岳が、標高(2899m)的にも山容的にも人気No.1です。

 

僕もパタゴニ男も、別ルートで赤岳に登ったことはありますが、

今回、南側から見て威風堂々たる佇まいに改めて圧倒されました。

 

ってか、よくあんな所まで行ったもんだな、俺…………。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527222025j:plain

 

真反対を見ると、富士山がいます。

 

テンション上げてこ。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527222326j:plain

f:id:monotohito:20170527222353j:plain

 

三ツ頭から権現岳までの1時間は、本当に必死で登りました。

10m進んで30秒休むレベル(僕だけ……)。

 

そして到着した権現岳の頂上は、切れ落ちてる箇所も多く、

風も強くて落ち着かないので、そこでは休憩を取らずに

先に進むことにしました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527222500j:plain

 

権現岳の頂上付近(top画像を撮った辺り)から見た、

赤岳へ続く縦走路。うーん、ハードそう……。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527222801j:plain

f:id:monotohito:20170527230830j:plain

 

頂上からほど近い権現小屋でコーヒー休憩でもしようかと思いましたが、

小屋番さん(屋根の上にいる人)が、

 

「今、布団を干してまして、ちょっと時間かかっちゃいます。それでも良いですか?」

とのことだったので、焦らせるのもイカンと思い、場を辞しました。

 

編笠山の方へ下山し、青年小屋を目指します。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527230915j:plain

 

下山開始してしばらくしてから、権現岳の頂上付近を振り返りました。

モアイ像のような奇岩がたくさんあって妙に惹かれます。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527231332j:plain

 

相変わらず岩稜帯では腰が引けているパタゴニ男。

 

これを別角度から撮ると……。↓

 

f:id:monotohito:20170527231452j:plain

 

ここ、そこまで厳しいかい!?!?(笑)。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527232047j:plain

 

権現岳編笠山の間にある青年小屋が見えてきました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527232218j:plain

f:id:monotohito:20170527232258j:plain

f:id:monotohito:20170527232329j:plain

 

小屋の中はほとんど見てないですが、

純粋にこのロケーションは素晴らしいと思いました。

いつか飲みに来たいなぁ。

 

僕らは小屋前のベンチで食事休憩を。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527232427j:plain

 

なんだか夏っぽい日射しです。

稜線で強く吹いていた風も、ここではそよ風。

 

食事して、コーヒー呑んで、山岳地図を見ながら次の山の話をして……

至福のひとときでした。

 

で、「編笠山はまた次回でいいか……」と意見一致。

 

編笠山の山頂は経由せず、巻き道で下山することにします。

 

…………

 

f:id:monotohito:20170527232452j:plain

f:id:monotohito:20170527232522j:plain

 

青年小屋から2時間30分ほど森林浴をしながら下って、

観音平の駐車場に到着。

 

今回、全体のコースタイムが9時間ぐらいだったと思いますが、

パタゴニ男によると、「3分だけ巻きで到着しましたよ(笑)」とのこと。

頂上付近の登りでの遅れを、下山時に取り返していたのかもしれません。

 

この後は、道の駅こぶちさわの敷地内にある『延命の湯』で汗を流して

神奈川に戻り、おつかれさん会をして解散となりました。

 

…………

 

権現岳には勝手に地味なイメージを持っていましたが、

単体で見てもとても魅力的な山でした。

 

登山口が他にもあり、コースも複数ありますし、

編笠山や青年小屋(テント場あり)や権現小屋と組み合わせると、

日帰り・小屋泊・テント泊・縦走・周回など、様々な楽しみ方ができそうです。

 

八ヶ岳の南端ということもあり、

首都圏からのアクセスも比較的良いというのもポイントですね。

僕らもまたこのエリアに来たいと思います。