〈MH〉D750を買ってみた。けど、あれ……!?

f:id:monotohito:20170605153446j:plain

 

NIKONの一眼レフ、『D750』を買いました。

 

長年、「いつかはFX(フルサイズ機)」とは思っていましたが、

思い立ってからは結構早かった。

 

そんなに他機種を含めて吟味した訳でもなく、

スペックを見て、価格を見て、自分の撮影スタイルを考えた結果、

「D750の一択だなぁ」と。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

 

 

D90 → D7000 → D7200 → そしてD750というのが僕の一眼レフ遍歴。

 

レンズは、マップカメラのウェブショップで、

標準ズームとお値打ち単焦点レンズを中古で購入。

 

ボディだと中古は抵抗あるけど、レンズは中古でも気にしないです。

 

 

マップカメラの「先取り交換」という制度を初めて利用して、

防湿庫の肥やしになっていたD90とD7000という2つのボディと、

2本のDXレンズを下取りに出しました。

 

マップカメラの先取り交換については機会があればまた書くかも。

 

…………

 

そして、D750を2日間仕事で使ってみた印象としては、

カメラ自体も、吐き出される画も、

 

DX(APS-C)のD7200から、

そこまで劇的に変わった・良くなった訳でもないかなという感じです。

少なくとも自分の撮影環境・対象・スタイルでは。

 

話に聞いていた、D750の強めのシャッターショック(ミラーショック?)や、

大きくて甲高いシャッター音はその通りでしたし、少し違和感も覚えました。

でも、これはいずれ慣れるでしょう。

 

むしろ、D7200ってかなり健闘していたんだなーと思うことがしばしば。

D7200、良いカメラですよ(D7200の方がD750より半年ほど後に出ています)。

 

それと、SIGMAのDX専用レンズも

良い仕事をしてくれてたんだなとよくわかりました。

 

 

D7200はこれからも"サブ時々メイン機"として使い続けるでしょう。

そうなることを見越して、初めから下取りに出す気はなかったのですが。

 

D7000系とフルサイズとで迷われている方がいたら、

使用用途や使用頻度によっては、

D7200もそうですし、間もなく出るD7500もおすすめします。

DXフォーマットの雄、D500ももちろん良いです

(D500は「DX機のプロモデル」です)。

 

この3台は、フルサイズ機の描写力にだいぶ近付いていますし、

特に子供の運動会や学芸会など、遠い被写体を撮りたい方には、

DX機の「1.5倍」効果は有益です。

 

……ということで、D750で撮ってみても、

これといって大きな感激はありませんでしたが、

撮った写真をちゃんと眺めると、

全体的な解像感やコントラストの表現力は

やっぱりFX(フルサイズ)が一段階上だなぁとは感じています。

 

今回一緒に買ったNikkor 50mm F1.8をD750に付けて撮ると、

それはもちろん「よくボケてきれいだ」とか

「センサーサイズの違いってやっぱあるよな」などと思いますが、

 

最近は公私ともにボカして撮ることに興味が薄れ、

A4サイズ以上に引き伸ばしてプリントすることもまずないので、

高機能が宝の持ち腐れになるかもしれません^^;

 

FX機のボディの性能を最大限に活かし、

プロっぽい画を量産する方法として手っ取り早いのは、

24-70mm F2.8を持つことだよなぁ……と思います。

 

お金貯めてまた中古で買おうっと。

その前にレンズ沼に寄り道しそうですが(笑)。

 

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

 

 

 

ということで、いずれまたD750使用レポートの続編を書きたいと思います。