やまとものとひと

登山未満ハイキング以上。散歩&出張スナップ

〈YMH〉2020年も恒例の正月登山へ。丹沢・鍋割山〜塔ノ岳。鍋焼きうどんからの卒業……

f:id:monotohito:20200103123714j:plain


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 

またしても約3ヶ月、更新をさぼっていました。

 

昨年10月の那須岳以来、山に行ってません。

 

各地に出張に行って、ご当地グルメを堪能し、しっかり増量はしています……^^;

 

…………

 

さて、毎年1月3日は仲間との正月山行の日。

 

2020年も丹沢(神奈川県)の鍋割山と塔ノ岳に行きました。

 

8年連続8回目です(ルートや日が異なる年もあります)。

 

今年のルートは定番の、小田急渋沢駅→タクシーで県民の森→後沢乗越→

鍋割山→塔ノ岳→大倉尾根→大倉→バスで渋沢駅

 

メンバーもいつもの3名。“隊長”と”パタゴニ男”と僕。

 

天気は快晴(これは8年連続)で、風は微風。

気温は例年より高かったです(正午頃の塔ノ岳山頂で11度)。

 

ルート上は凍結なし、残雪はほんの少しあり。

雲はなく、眺望は良かったですが、気温が高いせいか遠景は少し霞んでました。

 

簡単に山行を振り返ります。カメラはSONY RX100 M5です。

 

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103074659j:plain

 

朝7時に小田急渋沢駅着。

駅のタクシーは全て出払っていて、15分ぐらい待ってから乗車。

 

いつも通り「県民の森のゲート」まで乗りましたが、

途中には通行止めや土砂崩れの跡など、昨年の台風19号の爪痕が。

 

いつものハイクコースにほぼダメージがなかったのは幸いでした。

 

ストレッチをしてから出発です。左:隊長、右:パタゴニ男

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103081903j:plain

 

まずは、僕らが「大五郎ポイント」と呼ぶ地点まで、

なだらかな傾斜の林道を登って行きます。

 

雲ひとつない晴天。山歩き好適日でした。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103083349j:plain

f:id:monotohito:20200103083412j:plain

 

「大五郎ポイント」。

 

大量のペットボトル(中身は水)が置かれていて、

鍋割山荘までボランティアで運び上げてくれる人を常時募っています。

 

大きいボトルはあの焼酎「大五郎」のサイズなので(2.7Lボトルや4Lボトル)、

僕らはここをそう呼んでいます。

 

僕は一度も運んだことがないですが(笑)、

今回は隊長が2本、パタゴニ男が1本背負ってました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103094208j:plain


後沢乗越に到着。稜線に上がると眩しいくらいの日差し。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103101850j:plain

 

だいたいコースタイム通りで鍋割山山頂に到着。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103103241j:plain

 

いつもの休憩スポット(山頂の富士ビュー側)は工事中で入れなかったので……

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103102230j:plain

 

遠目からズームイン富士。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103102947j:plain

 

相模湾側。真鶴半島や伊豆半島も見えます。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103102953j:plain

 

鍋割山荘名物「鍋焼きうどん」に並ぶ人達。

 

僕らも昨年までは美味しくいただいていたのですが

(それがこの正月山行のもともとの目的でしたが)、

 

1,000円から1,200円に値上がりし(2019年の正月山行時は1,200円)、

さらにその後1,500円に。

 

その上、小屋のおっちゃんは高圧的な感じなので、

どうも居心地がよろしくありません。

 

なので、今年は計画時から「やめとこう」と皆の意見が一致。

 

代替案となる食べ物はザックに入っていますが、

山頂の富士ビュー側に入れなかったので、下山途中の花立山荘で食べることに。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103104623j:plain

 

鍋割山を後にして塔ノ岳へ。

 

「小丸」「大丸」のあたりには少しだけ残雪も。

 

この鍋割山稜は右手にずっと相模湾を眺めながら歩ける気持ちの良い山道です。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103104049j:plain

 

左手には丹沢主稜(檜洞丸や臼ヶ岳など)も。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103111519j:plain

 

「小丸」と「大丸」の間の二俣分岐地点を数mだけ小丸尾根の方へ進むと、

富士山が眺められる休憩スポットが。僕のお気に入りの場所です。

 

しかし、ここでアクシデント発生。

 

病み上がり&久しぶりに身体を動かしたという我らが隊長。

 

ずっと「脱いでも脱いでも暑いよぉぉ」と言ってましたが、

オーバーヒートで軽い脱水症状になったのか、両足が頻繁につるように。

ストレッチを繰り返しながら歩行を続けます。

 

体力とスタミナ的には全く問題がなく、

隊長本人も「頑張れ、俺の筋肉」と両足を明るく鼓舞しながら歩いてました

(単独行だったら変人ですが)。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103122127j:plain

 

ペースは少々落ちましたが無事に塔ノ岳へ。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103123621j:plain

 

富士フュージョン

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103123704j:plain

 

股下富士。これは僕。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103132754j:plain

 

f:id:monotohito:20200103131719j:plain

 

塔ノ岳山頂はいつものように人が多かったので、休憩は短く切り上げ、

立山荘まで下って昼食を。

 

シマダヤの鍋焼ききつねうどんに、海老天、牛肉、ごぼうチップス、生卵など、

トッピングをふんだんに載せました。

 

…………

 

f:id:monotohito:20200103132749j:plain

 

鍋割山荘の鍋焼きうどんに対抗した、マイ鍋焼きうどんですね。

これとビールで、富士山を眺めながらプチ新年会をしました。

いや〜、美味かった。

 

この後、大倉まで下山し、バスで渋沢駅へ。

そして駅近くの『目利きの銀次』で新年会を。

 

1週間後、隊長とパタゴニ男は、

上高地で雪上ハイキングと幕営を楽しむようです。気を付けて。

 

そういえば、丹沢名物(?)の「クリステルとキャサリン」(乗馬服を来た人形)が、

大倉の登山口からいなくなっていました。

 

調べたとところ、2019年の春にはすでにいなくなっていたようです。

修繕して丹沢のどこか別の所に出動予定だとか。

いずれ2人の異動先を訪れたいものです。

 

では、今年もよろしくお願いします!

皆様の2020年が良い年になりますよう祈念します。

 

 

↓  今回の3Dマップアニメーション。こりゃ楽しい。パタゴニ男、データありがとう。

 


3D map animation. 3rd Jan. 2019. Mt. Tounodake in Kanagawa, Japan