〈YMH〉タムロンの新・標準ズームSP24-70mm F2.8 Di VC、いいっす

f:id:monotohito:20170819155939j:plain

 

普段、何を買うにしても、

値段がこなれてからじゃないと食指が伸びないのですが、

これは珍しく発売されて間もなく飛びつきました。

 

TAMRONタムロン)のフルサイズ対応標準ズームレンズ、

『SP24-70mm F2.8 Di VCの新型です。↓

 

 

先日、NIKON D750を買った際に、「とりあえず」で買った標準ズーム、

『AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR』(↓)の写りには

やはり満足することがなく、早く買い替えたいと思っていました。

 

 

クラスアップの候補としては、

NIKON純正の『AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED』か、その新型か、

 

さらには、SIGMAの新しい『Art 24-70mm F2.8 DG OS』か、

このタムロンか、で迷っていたのですが、

 

相対的な価格の安さと重量の軽さ、それから評判の良さでタムロンに決めました

(正直、純正の2本は新品では予算オーバー。中古でなら……でした……)。

 

Map Cameraの先取り交換を利用して、サクッとポチっ。

 

まだ仕事でも遊びでもちょこっとしか使っていないですが、

これまでのところ、写りはかなり良い印象。

 

f:id:monotohito:20170819161436j:plain

 

これは自室の窓を開けて適当に撮った、ある日の日没直前の風景ですが、

シャープなところはシャープ。しっとりしているところはしっとり。

そして、暗部の階調や立体感も滑らかに再現してくれています。

 

この先、人物、ブツ、スナップ、スポーツ、山岳風景などなど、

それぞれのシチュエーションでどんな力を発揮してくれるか非常に楽しみです。

 

でも、「APS-Cカメラ専用レンズとはこんなに違うんだー」と思ったのは

「重さ」と「デカさ」。

 

この『タムロン SP24-70mm F2.8 Di VC』は、

同ランクのライバルレンズより相対的に軽い方なのですが、

APS-C機育ちの自分にしてみたら、「だいぶ重い!」と感じました。

 

プロカメラマンって、普段からこんなに重い物付けて撮りまくってるんだと、

改めて尊敬の念を抱いたほどです。

 

以前から使っている望遠ズーム、

Nikon  AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR』よりも重かったのにはびっくり。

 

このタムロンレンズをボディ(ここではD7200)に付けてみたら、

見た目の印象が「ほぼレンズ」ぐらいな感じになってしまいます。

ズームにしたら、よりデカさが強調されますね。↓

 

f:id:monotohito:20170819162518j:plain

f:id:monotohito:20170819162426j:plain

f:id:monotohito:20170819162440j:plain

 

でもまあ、F2.8通しの大口径レンズというのはこんなものなのでしょう。

軽く取り回せるように手首を鍛えておきたいと思います。

 

小さなことですが、とても嬉しかったのは、

レンズフードにロックが付いていて、勝手に外れることがないということ。

僕自身そういうレンズを持つのが初めてですが、これは「最高!」。

山登り中に滑落させてしまうリスクがほとんどありません。

 

僕はタムロンのレンズを所有するのは恐らく5年ぶり。

お気楽便利系ズーム(70-300mmとかの安いヤツ)を衝動買いしたものの、

どうも写りに納得いかず、購入2日後に下取りに出した

という事があって以来です(数万円損した)

 

この新型SP24-70mm F2.8 Di VCは、デザインも落ち着いていて高級感があり、

まるで近年のSIGMAのよう。操作感やAFスピードも良く、

末永く付き合っていけそうな予感がしています。

 

月末の夏休み山行には、このレンズを持って行く予定。

今は重さにめげそうになってますが^^;

間違いなく良い写真が撮れるだろうとわかっていますので、

手首だけじゃなく首も肩も鍛えておきたいと思います。

 

今は三脚も持って上がるかどうか迷い中……。