〈MH〉Macbook Air、バッテリー交換をしてみた。2011年マシン

f:id:monotohito:20170605000507j:plain

 

僕のメイン機は2011年に購入したMacbook Air

 

6年間ほぼ毎日触っていますが、これといって大きなトラブルはなく、

だからこそ、こいつばっかり使うことになってます。

 

さすがに最近はバッテリーがへたってきていて、

アダプタを外すと2h保てば良い方。

ファンからたまに異音もします^^;

 

新しいAirも購入済みで、そちらに移行できる体制もほぼ組み終わった今。

「もしものこと」があっても仕事に支障はないだろう、ということで、

メイン機のバッテリー交換を自分でやってみました。

 

※自分でバッテリー交換をするのはアップルのサポート対象外だそうです。

 

やってみたら思いの外簡単。もっと早くやれば良かったな……。

 

買ったのはこれ。↓

 

↑ 作業用ドライバー2本付きです。

 

Macbook Airのモデル(年式)により、対応バッテリーも違うようなので注意。

 

モデルを調べる方法など、参考にしました。↓

 

 

いろんな人が手順について詳しく書いているので、ここでは書きませんが、

アップルに依頼すると16,000円(バッテリー代と工賃)ぐらいするところが、

自分でやれば6,500円。で、作業時間は実質15分。

 

難しいことは特になく、ネジの紛失が一番怖い。ガムテ活躍。↓

 

f:id:monotohito:20170605000359j:plain

f:id:monotohito:20170605000416j:plain

 

あと、コネクタ部の引き抜き方がよくわからなくて、

強引にジャック部を引っ張ってぶっ壊すところでした。

 

それ以外は特に困ることもなく順調に作業できたのですが、

予想通り、内部はとにかく汚かった。綿埃だらけでした。

 

f:id:monotohito:20170605000526j:plain

 

掃除機とエアダスター大活躍。

メイン機以外のMacも開けて掃除したい気分です。

 

こちらは取り外した古いバッテリー。ってこれ、どうやって捨てるんだろう。↓

 

f:id:monotohito:20170605003439j:plain

 

新しいバッテリーをセットして、

起動ボタンを押した時が一番ドキドキしました(笑)。

いつも通りに立ち上がってくれて一安心です。

 

100%まで充電した後、アダプタを外してバッテリーだけで動かしてみたところ、

6時間ぐらい保ったので、まあ、ニセモン・粗悪品の類ではないでしょう

(2011年のMacbook Airはもともとそんなもんです。

最新型だとカタログ値が12時間でしたっけ)。

 

ファン周りも掃除しましたが、異音は結局改善されていません。

たぶんファン自体が傷ついたりしているのでしょう。

それかホコリがガッチリ巻き付いてしまったか。

 

解体すると、ファン部は見えていてエアダスターを吹き付けられるのですが、

パーツを取り外して清掃することは僕には無理そうでした。

 

まあ、それは仕方ない。バッテリー交換ができただけでも良しとしましょう。

欲を言えば、このままあと2、3年は使いたいなぁ。

 

「プロに任せたい。保証の対象外になりたくない」。

そういう方はAppleストアなどに連絡してやってもらってください。

 

apple-geeks.com