読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈MH〉神奈川県最高峰へ。檜洞丸&蛭ヶ岳。霧氷に迎えられた裏丹沢の旅

f:id:monotohito:20141208222816j:plain

 

12月早々の平日、山登りの隊長fumiさんのクルマで、

丹沢の奥の方に行ってきました。

 

ヤマレコにもアップしてます。


檜洞丸・蛭ヶ岳・姫次。裏丹沢周回 [山行記録] - ヤマレコ

 

今回は長いコースなんで、夜明け前に出発。

登ってる途中で夜明けを迎え、しばらく歩くと……

 

f:id:monotohito:20141208222833j:plain

 

富士山ドーン。

 

最近富士山ばっかり見てますが、何度見ても良いものです。

 

この時で朝7時過ぎ。空気も澄んでます。

 

f:id:monotohito:20141208222828j:plain

 

言葉もなく富士山を見つめるfumi隊長。

 

奥の木は、「霧氷」になっていました。

 

いや、ほんと、尾根にいて風が吹いた時なんて、

「服装&装備、冬対応したつもりだったけど、

これでもマズかった?」ってぐらい寒かったです。

 

僕、ずーっと鼻水フキフキ歩いてました。

 

f:id:monotohito:20141208222822j:plain

 

檜洞丸の頂上はこの通り。霧氷群。

 

f:id:monotohito:20141208222811j:plain

 

風がやんだ時に、寄ってサッと撮った一枚。山の冬って感じだぁ。

 

f:id:monotohito:20141208222806j:plain

 

檜洞丸からしんどいアップダウンを越えて、

神奈川最高峰の蛭ヶ岳(1672m)へ。

 

ほとんど人がいなくて、眺望最高の広い頂上を二人占め状態。

 

やっぱり寒かったんで、ささっと写真を撮って、

山小屋に入ってコーヒー休憩にしましたが。

 

f:id:monotohito:20141208222800j:plain

 

このボコボコした尾根を右(檜洞丸)から、

左(蛭ヶ岳)へ歩いて来ました。

 

これは向かいの山の頂上から撮ったもの。

歩いた稜線がくっきり見えるというのも周回コースの楽しみ。

 

この頃にはほとんど体力を使い果たしてましたけど(汗)。

 

f:id:monotohito:20141208222755j:plain

 

麓にはかろうじて、紅葉(黄葉)と言えるものがありました。

 

自分史上、日帰りの登山ではマックスの距離と時間を歩いたので、

えっらい疲れて筋肉痛も結構あったけど、

 

充実感もとんでもなくデカかったです。

 

年内はあと1回ぐらい山に行けたら良いなぁ。

 

きっと性懲りもなくまた丹沢に行って富士山を撮るに違いない。

晴天時の富士山写真は売るほどあるんですけどね(笑)。